2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草原を求めて 伊豆の草原 大室山(2009年7月4日)

「野焼」、「草刈り」、「草原」。この言葉に私は弱い。なぜならばそこに草原性の昆虫が見られることがあるから。日本人はかつて「カヤ場」や「まぐさ場」という形で草原を利用し、野焼や草刈りをすることで維持してきた。こうした場所には草原性の昆虫がすんでいる。

2009.07.04大室山山頂1
大室山山頂の風景(伊東市池)                 2009年7月4日

ところが現在ではこういった場所は多くの日本人にとっては不要で、現在では限られた場所でしか見られない。おかげで戦後の昭和20、30年代にはごくごく普通だった草原に生息する昆虫たちは現在では絶滅のおそれがある、いわゆるレッドデータブック種となっているものが少なくない。


       2009.07.04山頂4
       山頂の草原(伊東市池)   2009年7月4日

草原性の昆虫が見られること以外に、「野焼」や「草刈り」によって手入れが行き届いた「草原」というのは遠くからみても、中を歩いてもなんとも心地よく感じられる場所だと思う。最近忙しく、息抜きをしたかったので、今回は草原の心地よさを十分に感じられる大室山に行くことにした。


2009.07.04山頂2
山頂の道(伊東市池)                     2009年7月4日


この大室山では今から700年以上昔の鎌倉時代から山焼きが行われ、人の手によって草原が維持されている筋金入りの草原である。徒歩での登山は禁止されており、山頂へはリフトに乗って移動することができる。山頂はとても見晴らしが良く風が涼しく心地よかった。

2009.07.04山頂3
大室山山頂の草原(伊東市池)                 2009年7月4日


山頂で見られた昆虫を少し紹介。
2009.07.04ジャノメチョウ
ジャノメチョウ(伊東市池 大室山山頂)            2009年7月4日

2009.07.04カノコガ
カノコガ(伊東市池 大室山山頂)                2009年7月4日

2009.07.04キアゲハ2
キアゲハ(伊東市池 大室山山頂 魚眼レンズで撮影)   2009年7月4日


草原を満喫したり、久しぶりに魚眼レンズで昆虫を撮影したりと楽しい1日でした。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kawaranokontyu.blog35.fc2.com/tb.php/9-3a974135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

駿河区のサカイ

Author:駿河区のサカイ
静岡市在住

最近忙しく、
「撮れるうちに撮っておけ」
という言葉が身にしみる日々です。


写真の使用などに関するお問い合わせは以下のアドレスまでお願いします。

suruganosakai@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
河原の昆虫記 安倍川 (4)
安倍川 (9)
河原 (2)
伊豆 (3)
南アルプス (2)
砂礫地 (1)
湿地 (2)
蜻蛉目(トンボ目) (4)
直翅目(バッタ目) (7)
半翅目(カメムシ目) (3)
鞘翅目(コウチュウ目) (4)
鱗翅目(チョウ目) (9)
カエル (3)
駿河区 (2)
長野県 (2)
日常 (6)
むしたび (7)
膜翅目(ハチ目) (3)
けもの (1)
蟷螂目(カマキリ目) (0)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。