2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南からきたチョウ カバマダラ

9月のある夜、家で夕食を食べていると、NHKの地方版から気になるニュースが流れてきた。内容は「静岡県浜松市の畑でカバマダラが大発生し個体数は推定5000頭とみられる」いう内容だった。テレビから流れてきた映像はすばらしく、目の前にあふれんばかりのカバマダラたちが乱舞するといった状況だった。ご飯を吹きそうになった。

カバマダラは奄美大島以南に定着する南方系のチョウで、本州ではしばしば迷チョウとして飛来したものが見られたり、一時的に発生することがしられているチョウである。

瞬時に
「こんなにチョウが高密度にいるのなら魚眼レンズつけて連射すればピントなんて合わせることなく良い写真が楽にとれる」
などとよこしまなことを考えた。が、あいにく次の休日には予定が詰まっていてすぐには現地を訪れることはできなかった。



カバマダラ
カバマダラ(2010年9月26日)


ニュースから2週間ほど遅れになってしまったが、カバマダラを探しにいくことにした。地先をたよりに当てもなく3時間ほどさまよいなんとか畑にたどりつくも、すでに夕方でチョウは1頭しか見られなかった。数日後リベンジをかけて昼間に行ってみるとすでに大群はあとかたもなく、居合わせたチョウ屋さんと話をすると消毒(というか駆除)したらしいとのこと。

写真は途中で見つけた小規模な畑で栽培されていたフウセントウワタと花。フウセントウワタはカバマダラの幼虫のえさとなる植物の一種である。ここでもカバマダラを発見した。


フウセントウワタフウセントウワタの花
左:フウセントウワタ 右:フウセントウワタの花(2010年9月26日)

数は少なかったが、産卵シーンや交尾を撮影することができた。

カバマダラの産卵
フウセントウワタに産卵する(2010年9月29日)



幼虫はいかにもマダラチョウという感じのキモチワルイ形をしている。耐性のある方は画像をクリックしてください。


カバマダラ幼虫カバマダラ幼虫の顔
幼虫は気持ち悪いので自主規制(2010年9月26日)


フウセントウワタの葉を見ていくと、ところどころにサナギを発見。このサナギは渋い色だったが、このほかに緑やピンクのきれいな色をしたものが見られた

カバマダラ蛹
サナギ(2010年9月26日)

カバマダラをはじめ、マダラチョウ科のチョウにはアルカロイドなどを含んだ有毒植物を幼虫が食べたり成虫が蜜を吸い、自らの体に毒をためむものが多い。こうして毒を持ち、捕食者である鳥から身を守ることができるのだ。ただ、鳥たちは毒をもったチョウを食べて不味いと感じたり、おなかをこわして初めて捕食したチョウに毒があることを学習するので結局食べられる個体は出てくるのだろうけどね・・・。

また、世の中にはちゃっかり者がいて毒を持たないチョウが毒を持ったチョウに擬態することで鳥の眼を欺いている場合がある。カバマダラにはタテハチョウ科のメスアカムラサキやツマグロヒョウモンのメスが擬態をする(ベイツ型擬態ってやつです)。ただし、擬態をする場合は、擬態する相手と同じ場所に生息していることが前提となる。

しなしながらツマグロヒョウモンはカバマダラがいない地域にも分布していて、日本の本土では擬態の効果がないと考えられている(渡り鳥には効果ありそうだけど)。カバマダラが発生したこの地域ではツマグロヒョウモンは擬態の恩恵をうけるのかもしれない。まあ、それよりも気になるのはカバマダラをツマグロヒョウモンだと思って食べた鳥がいるのかどうか。食べた鳥くんはきっと混乱してるんだろうな・・・。


蜜を吸う
蜜を吸う成虫(2010年9月29日)


個体数は少なくなっていたけどカバマダラには南国気分を味わわせてもらいました。


カバマダラの交尾
交尾(2010年9月29日)



撮影メモ

撮影地:浜松市北区三方原
撮影日:2010年9月26日、29日

浜松のカバマダラのブームが完全に去ったあとでひっそりと更新してみました。
ネットで検索するとかなりの人が現地を訪れたようで浜松のカバマダラに関するブログなどが結構見られました。しかもわざわざ静岡県外から来た人も少なくないようで、チョウ屋さんの人口は多いもんだと改めて実感。現地はとても虫採り(虫撮り)をするような場所でもないのだけど、本州で発生したカバマダラには魅力があるのでしょうか?まあ大発生している映像を見たら行ってみたくなるもんですが。
それにしてもここのカバマダラはどこから来たのだろうか。


フウセントウワタを探しまわったせいで、似たような背丈の植物を見ると反射的にフウセントウワタかどうか確かめるようになってしまった。そのおかげ?か県内某所でカバマダラの幼虫を発見。この幼虫は浜松のカバマダラの子孫かどうかはわかりませんが、今年は静岡県内の広い範囲でカバマダラが発生していた予感がします。


テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

コメント

越冬したら大変だね~

アサギマダラだったら大丈夫だけど、さすがにカバマダラには静岡の冬はきびしそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kawaranokontyu.blog35.fc2.com/tb.php/59-0498e36a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

駿河区のサカイ

Author:駿河区のサカイ
静岡市在住

最近忙しく、
「撮れるうちに撮っておけ」
という言葉が身にしみる日々です。


写真の使用などに関するお問い合わせは以下のアドレスまでお願いします。

suruganosakai@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
河原の昆虫記 安倍川 (4)
安倍川 (9)
河原 (2)
伊豆 (3)
南アルプス (2)
砂礫地 (1)
湿地 (2)
蜻蛉目(トンボ目) (4)
直翅目(バッタ目) (7)
半翅目(カメムシ目) (3)
鞘翅目(コウチュウ目) (4)
鱗翅目(チョウ目) (9)
カエル (3)
駿河区 (2)
長野県 (2)
日常 (6)
むしたび (7)
膜翅目(ハチ目) (3)
けもの (1)
蟷螂目(カマキリ目) (0)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。