2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の河原散策  ツマグロキチョウをみる

今回は秋の河原を散策した。
カワラハハコの白い花が満開だった。



カワラハハコは満開
カワラハハコの生育する河原 (静岡市葵区津渡野) 2009年10月4日 



最初に目についた昆虫はツマグロキチョウだった。ツマグロキチョウは安倍川ではよく見かけるチョウ。このチョウの幼虫はカワラケツメイという植物のみを食べる(とされている)ため、カワラケツメイの有無によって分布する場所が左右される。ここにもカワラケツメイがよく生育していた。


吸蜜するツマグロキチョウ
吸蜜するツマグロキチョウ (静岡市葵区津渡野) 2009年10月4日

現在は河原以外でこのカワラケツメイを見かけることはほとんどなく、河原以外の場所でツマグロキチョウを見かけることはそうそうない(ただし、秋の個体は移動性が強いようで春から夏に見られなかった場所でも見かけることがある)。安倍川にはカワラケツメイが豊富にみられるためツマグロキチョウも苦労せずに見つかることが多い。これも安倍川の特徴なのかもしれない。


枯草にとまるツマグロキチョウ
枯草にとまるツマグロキチョウ (静岡市葵区津渡野) 2009年10月4日




しばらく歩くと砂と石が目立つ場所にやってきた。ここでは地表をハエのように飛び交う虫を見つけた。



ヤマトバッタの生息環境
砂礫地 (静岡市葵区津渡野) 2009年10月4日

この虫の正体はコニワハンミョウだった。このハンミョウは図鑑では河原で見られるとされ、砂礫地を好んでいるようだ(ハンミョウ自体裸地が好きだけどね)。

ハンミョウの仲間はかっこいい。静岡県のハンミョウを全て見てみたい。特に静岡県産のホソハンミョウを見つけられるなら見つけてみたいな~。


コニワハンミョウ
コニワハンミョウ (静岡市葵区津渡野) 2009年10月4日


さらに砂地でヤマトバッタを見つける。安倍川のものは遠州浜に比べると暗い黒っぽい体の色をしている。周囲の砂の色に体の色を合わせていて、これはこれでシブい。安倍川のハマスズも同様に黒っぽい。

ヤマトバッタ
ヤマトバッタ (静岡市葵区津渡野) 2009年10月4日

写真の撮影をしているとあっという間に1日が過ぎてしまった。
同行してくれたK君おつかれさまでした。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kawaranokontyu.blog35.fc2.com/tb.php/20-c57fc010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

駿河区のサカイ

Author:駿河区のサカイ
静岡市在住

最近忙しく、
「撮れるうちに撮っておけ」
という言葉が身にしみる日々です。


写真の使用などに関するお問い合わせは以下のアドレスまでお願いします。

suruganosakai@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
河原の昆虫記 安倍川 (4)
安倍川 (9)
河原 (2)
伊豆 (3)
南アルプス (2)
砂礫地 (1)
湿地 (2)
蜻蛉目(トンボ目) (4)
直翅目(バッタ目) (7)
半翅目(カメムシ目) (3)
鞘翅目(コウチュウ目) (4)
鱗翅目(チョウ目) (9)
カエル (3)
駿河区 (2)
長野県 (2)
日常 (6)
むしたび (7)
膜翅目(ハチ目) (3)
けもの (1)
蟷螂目(カマキリ目) (0)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。