2010-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウスバキチョウはとまらない (北海道 1日目 2/2)

ウスバキチョウを求めてやってきたコマクサ平でサカイは北海道の魅力あふれる被写体に出会うのだった(あらすじ?)


コマクサ平の風景
コマクサ平


コマクサ
コマクサ

チングルマ
チングルマ


イワウメ
イワウメ

キバナシオガマ
キバナシオガマ


イワブクロ
イワブクロ


花がきれいですね~。
さて、帰りましょうか?




え?ウスバキチョウは?
いませんよ。私のカメラにばっちり写ってくれる気のいいウスバキチョウはどこにもいませんよ・・・。


撮影を開始して1時間ほどたった頃、私はspatica君から聞いたある言葉をかみしめていた。
「ウスバキチョウは晴れると飛び回って、曇が出てくると動かなくなるので撮影が難しい。」

この日は天気が良好で気温が高いためか、ウスバキチョウはとてもよく飛びまわっていた。たまに地面に降りて止まるのだけど、たいていは登山道からは写せない位置にとまってしまうので全く絵にならない。そして時折雲が出てきて日光がさえぎられると、パタッと動きが無くなる。

遠い
遠い・・・

近くに来ていてもやる気無くベタっととまってしまって絵にならない。


角度悪い
角度悪い


やっと近くに止まった個体を撮影するも草がかぶってしまい、なんとも言えないカットになってしまった。


なんとか撮影
草がかぶってしまった



おまけにこの日はダイセツタカネヒカゲが乱舞しているといってよいほどたくさん飛んでいた。太陽が顔を出すと、どこを見ても視界の中にタカネヒカゲが数個体は見られるという状況だった。このタカネヒカゲが曲者で、ウスバキチョウにちょっかいを出すことがしばしばあって撮影のチャンスを邪魔されてしまうこともたびたびだった。


ダイセツタカネヒカゲ
ダイセツタカネヒカゲ


贅沢な悩みといえばそうなのだけど、やはりウスバキチョウの撮影が目的なので困ってしまう。


交尾するダイセツタカネヒカゲ
交尾するダイセツタカネヒカゲ



そんなこんなで気づけば4時間以上が経過してしまった。何度ウスバキチョウに「止まれ」と念じただろうか。
すでに15時を過ぎてあきらめていた時、登山道の岩かげに確かにウスバキチョウが止まった。岩の後ろからそっとみると地面で吸水しているようだ。


吸水するウスバキチョウ
吸水するウスバキチョウ

うーむ。手前の岩が邪魔。今回はこれが唯一のチャンスだったので仕方ないか・・・。
コマクサ平ではウスバキチョウを見るのは簡単だけど、良い写真がとれるのはタイミング次第?。自分のペースで撮影したいのなら標高をあげて比較的自由に歩ける場所に行くのが良いのではないだろうか。
今回は荷物をいっぱい持っていたので赤岳は遠慮しときます。この斜面は無理でした。


レッツスキー
山スキーの人たちがんばりすぎ





撮影メモ

撮影地:大雪山コマクサ平
撮影日:2010年6月27日

コマクサ平は周囲の山に比べて季節のめぐりが早いように感じた。ウスバキチョウを見ているとすでにはねがすれている個体がけっこういることに気付いた。
「これじゃウスバキチョウではなくキイロウスバシロチョウだよ~」と思いながら撮影。
いずれにせよウスバキチョウの撮影は今後の宿題になってしまった。また来年かな・・・。


撮影機材
Nikon D300
AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5
AT-X M35 PRO DX 35mm F2.8
AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G
Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 OS



追記
静岡に帰ってきて「月刊むし473号」にウスバキチョウの発生時期について興味深い論文を発見。
渡辺康之(2010)温暖化と北海道の高山蝶~生態への影響について~.月刊むし(473):30-37.
厳しい環境にひんぱんに通って記録と写真を蓄積している渡辺康之さんには頭が下がります。
スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

«  | ホーム |  »

プロフィール

駿河区のサカイ

Author:駿河区のサカイ
静岡市在住

最近忙しく、
「撮れるうちに撮っておけ」
という言葉が身にしみる日々です。


写真の使用などに関するお問い合わせは以下のアドレスまでお願いします。

suruganosakai@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
河原の昆虫記 安倍川 (4)
安倍川 (9)
河原 (2)
伊豆 (3)
南アルプス (2)
砂礫地 (1)
湿地 (2)
蜻蛉目(トンボ目) (4)
直翅目(バッタ目) (7)
半翅目(カメムシ目) (3)
鞘翅目(コウチュウ目) (4)
鱗翅目(チョウ目) (9)
カエル (3)
駿河区 (2)
長野県 (2)
日常 (6)
むしたび (7)
膜翅目(ハチ目) (3)
けもの (1)
蟷螂目(カマキリ目) (0)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。