2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早春の渓流で

早春の渓流


早春の渓流
小雨まじりの渓流



胴長



胴長
胴長


箱メガネ


箱メガネ
バケツに見えるが箱メガネ


=渓流釣り?


この3つの組み合わせは何を意味するのか?釣りではありません。
しかしこれはそのスジの方々には当たり前と言ってもいい組み合わせなのです。
目的のものは水中にいるのでひたすら水中を探します。
しかしただ上から水中をのぞいてもよくみえない。
そこで箱メガネの出番。


上から見る
水中はよく見えない



箱メガネの効果は絶大です。



箱メガネ使用
箱メガネ使用







そうすると何が見えるのか?
こんなのが出てきます↓



      ・
      ・
      ・
      ・
      ・

















ナガレタゴ1
ナガレタゴガエル

!?
これはナガレタゴガエルというカエル。
早春になると渓流で繁殖活動を行う生態を持つというかなりの変わり者。写真はオスがメスを抱接しているところ。


このカエルが水中を泳いで(流れて?)いるところを箱メガネなしで上から見ると落ち葉が流れているようにしか見えなかった。これなら敵に襲われることもほとんどないでしょう。



ナガレタゴ2
ちょっとアップ

体のブヨブヨがこのカエルの特徴であるのだけれど、ほとんどの人は気持ち悪いと感じるのではないでしょうか。
このブヨブヨがあるおかげで冷たい水の中で活動することができるようです。
とにかくおかしなこのナガレタゴガエル。渓流魚という言葉に対して渓流ガエルという称号を与えてもいいんじゃないかと一人勝手に思ってます。




今回はこんな写真を撮るのが精一杯。
この次はもっとちゃんと撮りたいなー。
また来年か・・・。

スポンサーサイト

テーマ:カエルフォト - ジャンル:写真

ニホンアカガエル

普段は週末に雨が降ると憂鬱になるが、この時期はカエル類が繁殖をおこなうので雨が待ち遠しくなる。この週末にまとまった雨が降ってきたのでニホンアカガエルを見に行った。
オス2
ニホンアカガエル(掛川市) 2010年2月26日


こんな時期にカエルが動いているの?と思うかもしれないがカエルの仲間は寒い時期に繁殖する種がけっこう多い。
(ニホンアカガエルのほかにヤマアカガエル、タゴガエル、ナガレタゴガエル、アズマヒキガエルなど冬から早春にかけて繁殖を行う)

卵塊
ニホンアカガエルの卵塊

すでに産卵されている卵塊がみられた。新しい卵塊がたくさんある。
というか産卵のピークは過ぎてしまったようだ・・・。卵塊は1ヶ所にまとまって産まれていて、3m×1mの範囲に21個も見られた。


オス3

オスのカエルたちも卵塊のまわりに多くみられた。



顔

メスを待つオス


腕

オスの前足はメスよりも太い印象をうける。

婚姻瘤

オスの足には婚姻瘤(こんいんりゅう)といわれるコブが発達する。これでメスをがっちり確保。



時間が遅すぎたのか、この日包接しているカップルは1組見ただけで蛙合戦は見られずじまい。
このほかにシュレーゲルアオガエルが盛んに鳴いていた。
雨は土砂降りが続き、カエルたちのいる場所の水位があがってきたので退散することにした。


また来年・・・。

ニホンアカガエル »

テーマ:カエルフォト - ジャンル:写真

ヌマガエル

今日は掛川市の水田にヘイケボタルを探しに行ったら空振りだった。ヘイケボタルは撮影に向いている場所探すのが意外と難しい。遠くに行けば知らないこともないのだけれど、近場では空振りばかり。静岡県の中部地域のヘイケボタルを撮影したい・・・。

すごすごと帰るのももったいなかったので、鳴き声の聞こえるヌマガエルを探すことにした。
しばらく探すとヌマガエルを見つけることに成功した。

ヌマガエル
ヌマガエル(掛川市伊達方)                     2009年7月12日

さらに探すと鳴いている個体を見つけた。
今までヌマガエルが単発的に鳴いている時の声はしっかりと目の前で確認したことがなかったので、同様の声を聞いても「今のヌマガエルだよね?」と心もとなかった。
しかし今回、目の前で鳴き声を確認したのでこれからは「うん、ヌマガエルだね!」と言えるはずである・・・。忘れないようにしたいな。
鳴嚢(めいのう)をふくらますヌマガエル(横)
鳴嚢(めいのう)をふくらますヌマガエル(掛川市伊達方)     2009年7月12日

鳴嚢(めいのう)をふくらますヌマガエル(正面)
鳴嚢(めいのう)をふくらますヌマガエル・正面(掛川市伊達方) 2009年7月12日

«  | ホーム |  »

プロフィール

駿河区のサカイ

Author:駿河区のサカイ
静岡市在住

最近忙しく、
「撮れるうちに撮っておけ」
という言葉が身にしみる日々です。


写真の使用などに関するお問い合わせは以下のアドレスまでお願いします。

suruganosakai@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
河原の昆虫記 安倍川 (4)
安倍川 (9)
河原 (2)
伊豆 (3)
南アルプス (2)
砂礫地 (1)
湿地 (2)
蜻蛉目(トンボ目) (4)
直翅目(バッタ目) (7)
半翅目(カメムシ目) (3)
鞘翅目(コウチュウ目) (4)
鱗翅目(チョウ目) (9)
カエル (3)
駿河区 (2)
長野県 (2)
日常 (6)
むしたび (7)
膜翅目(ハチ目) (3)
けもの (1)
蟷螂目(カマキリ目) (0)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。