2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トノサマの最期

安倍川のグランド周辺にモズがよく止まっている木がある。
木の枝にモズのはやにえがないかと思ってみたらやっぱりあった。

砂利道
砂利道


今日見つけたのはトノサマバッタ。
鳥のように飛び、簡単には敵につかまらない彼らはまさに殿様と呼ばれるのにふさわしい。
しかし秋が深まり草が枯れて隠れ場所がなくなり、気温が下がり動きが鈍くなると簡単に鳥に捕まってしまうのだろう。

もずのはやにえ
はやにえ

バッタたちは冬のはじめでも生きているけれど、天寿をまっとうする前に鳥に捕まって一生をおえるものも少なくないのではないだろうか。逆に鳥たちからみればバッタたちは、寒くなって餌が少なくなる時期にも得ることができる貴重な食糧になっているのだろう。


トノサマバッタの最後
トノサマ♂の最期


撮影メモ
撮影地:静岡市駿河区中野新田 安倍川
撮影日:2010年12月3日(風景)、12月8日(はやにえ)、


虫が少なくなってきたので苦し紛れにはやにえを撮影しました。
以前11月末にチョウゲンボウがイナゴ?の仲間を捕まえているのを見たことがあるけどその時は種まではわからずじまい。このあいだチョウゲンボウをみかけたのでじっくり観察してみたい。


撮影機材
Nikon D300
AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G
AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm F3.5-4.5
SB-900
スポンサーサイト

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

12月の昆虫 オンブバッタ 

安倍川のいつものポイントへ行くとオンブバッタを発見。
バッタたちは寒さに強い。


12月のオンブバッタ
すっかり黄色くなったクズの葉にとまる


この個体のほかに、オスをおんぶしているメスもいた。
いつまで見られるのかもう少し観察してみます。


オンブバッタの顔




撮影メモ
撮影地:静岡市駿河区中野新田 安倍川
撮影日:2010年12月9日


撮影機材
Nikon D300
AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G




テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

秋深まる

安倍川のグランド
河川敷のグラウンド


今年は秋らしさをあまり感じずに一気に晩秋になってしまった気がする。10月が暑かった分、11月に入って気温が下がると冬が来たように感じてしまう。秋が深まってくると、安倍川で見られる昆虫たちの顔ぶれもだいぶ決まったものになってきてしまう。この間紹介したコガタスズメバチのオスに引き続き、11月3日に撮影した写真を紹介します。


たぶんニホンミツバチ
たぶんニホンミツバチ

足場がない木の実に必死でつかまっているミツバチ。非常につかまりにくい場所なのに、なぜか執着してつかまろうともがいていた。何か気になるものがあったのだろうか。結局つるっと落ちて飛び去ってしまった。


ヒメアカタテハ
ヒメアカタテハ

アメリカセンダングサの花にとまるヒメアカタテハ。この時期になるとウラナミシジミやヤマトシジミ、キチョウやツマグロヒョウモンなんかと一緒によく見られます。


ミヤマアカネ1
ミヤマアカネ

秋が深まりすっかり体が赤くなったミヤマアカネ。はねについている翅脈(しみゃく)まで赤く色づいてます。




撮影メモ
撮影地:静岡市葵区千代 安倍川
撮影日:2010年11月3日




撮影機材
Nikon D300
AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G
SB-900


テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

虫の日 (2010年)

6月4日の六と四を音読みすると「ムシ」なので6月4日は虫の日。昆虫好きならふと思いつくことだろうか。

ネットで検索すると「手塚治虫らのよびかけで、1988(昭和63)年に設立された日本昆虫クラブが記念日として提唱しています。」とのこと。本当だろうか?



それは別として日本の6月は昆虫たちがたくさんみられる季節なので、時期的にも虫の日は間違っていないと思う。せっかくの虫の日なので仕事の合間に安倍川でちょっとだけ昆虫と触れ合うことにしてみた。



安倍川左岸64
左岸から安倍川橋(弥勒橋)を望む

といってみたものの、安倍川の河原は手ごわい。なかなか写真映えする昆虫は現れない。



ツマグロキチョウ64
ツマグロキチョウ

しばらく歩くと、なんとかツマグロキチョウを発見。この時期にツマグロキチョウは見たことがなかったのでちょっとした収穫。



セイヨウミツバチ64
セイヨウミツバチ

シロツメクサの花を訪れるセイヨウミツバチを撮影。シャッタースピードは1/2000秒なのだけど、翅の動きが早くて止まらない。失敗した写真の中には翅が止まっているものがあったので、ミツバチの動きのタイミング次第といったとこでしょうか。





撮影メモ
撮影地:静岡県静岡市葵区南安倍 安倍川左岸
撮影日:2010年6月4日

ミツバチの訪花の撮影はひさしぶりにやった気がする。中々楽しかったので、時間があればまた撮影してみたい。



使用機材
Nikon D300
AF-S VR Micro-Nikkor ED 105mm F2.8G
Tokina AT-X M35 PRO DX

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

大谷崩(2010年2月6日)

今週はとても寒かった。温暖な静岡県でも山間部で雪が降った。会社に通う途中に遠くの山を見るとうっすらと雪化粧している。こんな風景を近くで撮りたいと考えていたのだけど、あいにく雪が降ったのは月曜の夜・・・。やっと休日の土曜がやってきたので撮影に向かうことにした。


雪が残っているのはおそらく梅ヶ島あたりだと考え、大谷崩に向かった。梅ヶ島に入っても、積雪はほとんど残っていなかったが、大谷崩に向かう道を進んでいくと雪が目立ってきた。そして最後の方になると道路に雪が積もっていた。
ふだん雪を見ていないせいで、雪を見るとテンションが上がってきた。

道路も積雪
道路に雪(静岡市葵区梅ヶ島) 2010年2月6日

さらに進んで大谷崩についた。青空を期待してきたのだけど、残念ながら曇り。山肌の雪もけっこう溶けているようだ。せっかくなので散策することにした。
大谷崩
雪の大谷崩(静岡市葵区梅ヶ島) 2010年2月6日

石の上の雪を見ると20cmほど積もっている(大谷崩山頂はこんなものではないようだ)。
積雪


しばらくすると少しだけ天候が回復してきた。
冬の大谷崩
新窪乗越を望む(静岡市葵区梅ヶ島) 2010年2月6日

晴れた
北東の尾根を望む(静岡市葵区梅ヶ島) 2010年2月6日

とてもおいしそうだったので雪を味見。シャリシャリしてかき氷のようだった。たくさん食べたかったが、寒かったので断念。
雪を食べる

この日は動物とは出会えずじまい。暖かくなったらまた来よう。
巣
なんの巣でしょう?

ヤマハンノキの花芽
ヤマハンノキ?の花芽

ヤマハンノキの実
ヤマハンノキ?の実


この日の気温は-2℃(17時)でした。

テーマ:山の写真 - ジャンル:写真

«  | ホーム |  »

プロフィール

駿河区のサカイ

Author:駿河区のサカイ
静岡市在住

最近忙しく、
「撮れるうちに撮っておけ」
という言葉が身にしみる日々です。


写真の使用などに関するお問い合わせは以下のアドレスまでお願いします。

suruganosakai@gmail.com

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
河原の昆虫記 安倍川 (4)
安倍川 (9)
河原 (2)
伊豆 (3)
南アルプス (2)
砂礫地 (1)
湿地 (2)
蜻蛉目(トンボ目) (4)
直翅目(バッタ目) (7)
半翅目(カメムシ目) (3)
鞘翅目(コウチュウ目) (4)
鱗翅目(チョウ目) (9)
カエル (3)
駿河区 (2)
長野県 (2)
日常 (6)
むしたび (7)
膜翅目(ハチ目) (3)
けもの (1)
蟷螂目(カマキリ目) (0)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。